総合病院の循環器内科から他の総合病院の精神科に転職しました

わたしは大学を卒業してからすぐに、新卒で近所にある総合病院の循環器内科に就職したのですが、仕事が大変すぎて限界に達してしまったので、二ヶ月ほど前に退職し、総合病院の精神科に入りました。やはり、循環器内科での仕事は責任重大で、しかもその総合病院は三交替で寝る間もなかったので毎日毎日、精神と身体をすり減らすようにして暮らしていました。看護師の仕事はどこへ行っても大変なので仕方ないのですが、新人であるわたしに循環器内科はプレッシャーが強すぎたので、ある時期から「精神科がいい」と思うようになり、転職活動をはじめました。転職活動のためには転職サイトなどを利用したのですが、やはり転職サイトは口コミなどもピックアップしてくれているのでとても便利でした。面接の準備をしつつ、大学時代の同期からアドバイスを受けつつ履歴書を作って送り、そのまま総合病院で面接を受けたのですが、何とその病院は深刻な人手不足だったようで、空きの少ないはずの精神科であっさり、就職が決まってしまいました。そして、最近その精神科で働き始めたのですが、やはり精神科は他の科と比べると仕事がラクです。もちろん、力仕事もありますし、男性9割の職場なのですが、前の職場にあったような派閥もなく、快適に働くことができているので転職して本当に良かったと思っています。